切磋琢磨の学習環境が、子どもたちの力を大きく伸ばします。
スポーツでも運動でも、自分の(潜在)能力を最大限に発揮するには、
集中力を高める訓練が欠かせません。秀友館では、生徒を時間内にいかに集中
させるか、そしてその集中力をいかに持続させるかを主眼にした授業を行っています。

また、テストに強くなるには、限られた時間内にさまざまなプレッシャーをはねのけて
集中できる力を養わなくてはなりません。自分のペースで勉強のできる家庭学習だけでは
こうした訓練はできません。ライバルと競い合う環境の中でこそ、
集中力を培うことができるのです。 





● 愛知県の公立高校をめざすには5教科の総合力をバランス良く高めてい
  くことが必要です。秀友館では英語・数学・国語・理科・社会の各科専任講師が
  授業を受け持ち
、わかりやすく身につく講義を板書形式で行っています。

● 一方通行型の授業をする予備校などと違い、質疑応答を基調とする授業が
  考える力の養成に大きな効果をもたらします。

● また、豊富な問題演習により、知識の吸収と定着を確実なものとして、
  柔軟な思考力も身につけていきます。

● テキストは教科書準拠を基本として、学校の進度にも配慮をしますので、
  生徒は自信を持って学校授業に参加して、「やる気」をさらに引き出すことが
  できます。





● 本当に自分に合ったレベルで学習することが内容理解への最短距離です。
  習熟度別クラス編成は、特に英語や数学に見られるスピード差を解消し、同時に
  生徒間の競争心を正しい方向へ導く手段として、私立の名門進学校では早く
  から導入されてきました。秀友館では習熟度に合わせたクラス編成による
  効率の良い学習指導を実践し、各自の能力が充分に発揮できるようにしています。

● 大府校の本科授業では最大4クラスという充実したクラス設定
  顕著な成果を収めることに成功しています。

● また、中学校の定期テスト対策時には学校別のクラス編成となり、
  各科目とも試験範囲に則したきめ細かな指導を受けることができます。





● 中学校の成績(内申点)を上げるには定期テストで良い成績を取らなければ
  なりません。秀友館ではテスト対策時に試験範囲の総復習と同時に予想問題の
  演習を徹底して、内申点の向上をめざします。

● さらに春期・夏期・冬期講習をはじめ、各種の特別講習・講座を通じて実力を養い、
  公立・私立の上位進学校に入学後にも有益な幅広い知識と応用力を身につけます。
  特に春期・夏期・冬期講習は年間カリキュラムの一環として塾生全員が
  参加して行います。

● 日々の積み重ねに勝る学習方法はありません。
  通常授業と特別講習の相乗効果により、無理なく自然に本物の学力を
  身につけることができます。