小学校での教科の好き嫌いが中学校での勉強のつまずきの大きな要因となっています。
また、得意な教科をさらに伸ばしたいという要望にも対応するため、
一人ひとりの課題に合わせてきめ細かな指導を行います。




ほとんどの中学生には「得意な教科」と「苦手な教科」があります。
そのままにしておくと、子どもたちは好きな教科=得意な教科しか勉強しようとしません。
長所を伸ばすことは自信をつけるうえで大切です。しかし、学力に合わせた教材を用い、
適切なアドバイスを与えることで苦手な教科でも、より効率的な学習を進めることができます。



高校は学校により教科書が異なるため、学校の教材を中心とした授業を行い、
校内順位のアップを目指した授業を行います。
また、高校3年生の受験対策では、志望校の必須科目に絞り、出題傾向やパターンに
合わせた内容の授業を行います。